関節痛を知る

女性の発症率が多い病気

変形性股関節症と呼ばれる関節痛に苦しむ病気があります。女性に多い病気で40代を過ぎると関節痛に苦しむ人が増えていきます。変形性股関節症はその名の通り股関節が変形している病気です。普通にあるべきものがないために足を動かすたびに骨に負担がかかり軟骨がすり減り痛みを伴っていきます。初期の時には若干の関節痛はありますが日常生活に支障が出るようなものではなく変形性股関節症とは気が付かない人も大勢います。しかし進行していくと歩くことも寝ることもままならない痛みが続きます。最終的には手術を人工股関節を装着し痛みを取り除きます。人工股関節にすると今まで苦しんでいた傷みが嘘のように無くなり普通に歩くことができる生活がもとってきます。

変形性股関節症との向き合い方

人工股関節は一生のものではないため10数年たった時に再手術で取り換えが必要になります。あまり若い時に人工股関節を装着する手術をすると生きている間に数回取り換えの手術を行うことになってしまいます。何度も手術をしたくない人は日々の関節痛はあっても鎮痛剤を飲むことで耐え60代を過ぎてから人工股関節の手術に踏み切る人もいます。変形性股関節を患っている人すべてが関節痛で苦しむわけではないのがこの病気の特徴です。中には股関節の状態は最悪になっていても神経に痛みが触らないため、関節痛に苦しむことなく一生を過ごす人もいます。痛みとうまく折り合いをつけて手術をせずに一生を終える人もいます。薬を飲んでも治ることがない病気のため自分でスケジュールを決めて付き合っていく病気です。