摂りたい栄養

若い頃は関節がスムーズに動いて痛みも無かったという人でも、年齢を重ねるごとにどんどん関節が動きづらくなり関節痛の症状が現れ始めます。この原因として挙げられるのが、膝軟骨がすり減っているということです。関節は骨と骨の結合部分となっています。骨と骨の間には軟骨があります。軟骨がすり減ると、骨と骨が直接ぶつかり合って痛みが生じてしまいます。これが関節痛になる原因の一つです。
年齢を重ねてくると膝軟骨がどんどん磨り減っていきます。その理由は、軟骨を形成する際に必要なグルコサミンという成分が減少しているからです。グルコサミンは体内で作られる成分で、20代までは十分な量が作られています。しかし、20代をピークに減少していきます。50歳を境に急激に減少して、70歳を迎えるとほとんど体で作られなくなってしまいます。グルコサミンが不足した結果、膝軟骨の生成が間に合わずにすり減っていってしまうのです。

体で作られなくなったグルコサミンを体外から摂取する事で関節痛や動きづらを解消することができます。グルコサミンを摂取できる食品として挙げられるのが、カニやエビなどの甲殻類です。
しかし、グルコサミンは甲殻類の殻に多く含まれている成分なので摂取するのが非常に難しいのです。エビなどは皮ごと食べることができますが、十分なグルコサミンを摂取するためには大量のエビを毎日食べなければいけなくなります。
毎日の食事でグルコサミンをしっかり摂取するためには、サプリメントが有効です。サプリであれば水だけで手軽に飲むことができるので毎日続けることができます。続けやすいサプリメントで関節痛を解消しましょう。